首と肩の疲れをとることで、快適な生活を

マッサージの定義は、知っていますか?
マッサージは、手で筋肉や皮膚をもんだり、撫でまわしたりすることで、リンパの流れをよくすることで、体の新陳代謝をあげることです。
元々、マッサージはフランスのヨーロッパで誕生しました。日本には、明治時代以降に伝わったとされています。
スポーツ後には、筋肉の緊張をほぐすためにマッサージが行われたり、筋肉痛になったときにもむようなマッサージをするとよいとも言われております。
医療現場でも健康増進の目的でマッサージが多く施されています。
つまり、マッサージは自分自身の手で体の筋肉をほぐすことができる、最も簡単な体のリフレッシュ方法だと考えられます。
科学的根拠としては、短期間で効果が得られるもので、さらに継続的に効果を得るためには、マッサージを継続して受ける必要があると推察されています。
マッサージの効果が検討されているものは、まず腰痛、変形性関節症、頸部痛などがあげられます。
さらに、がんや頭痛、筋痛症、うつなど慢性疾患や精神疾患までさまざまな病態で効果が期待されています。
効果が期待されているのであれば、自分自身でやってしまえばお金はかからずに楽ではないかと考えてしまうかもしれませんが、それは間違っています。
予防医学として、マッサージを活用するのは問題ないと思いますが、治療の段階であれば、医療機関を受診した上で、マッサージを活用することが大切です。
かかりつけの先生にきっちり相談をして、どのマッサージ法があっているのか明確にすることが重要です。

マッサージの意義と注意点

首と肩の疲れは、なかなかとれないことで有名ですよね? 私自身も、首と肩が重くて仕方ないという場合が多々あります。 現代社会生活の大きな変化によって、より首と肩の疲れを感じる人が多いかと思います。 この疲れがあることで、全身が重く感じることがあるため、首と肩の疲れはぜひとるように心がけましょう。

腰を動かしやすい体に

腰は、体の中心にあり、体の動きを支える大切な役割を担います。 具体的には、姿勢を保つこと、スポーツのけがも腰の筋肉が関与します。 また、猫背になりやすい方は、腰付近の筋肉が少ないからだと考えられています。 ぜひ腰の筋肉をやわらかくして腰の可動域を広げましょう。

たくさん使う手足を労りましょう

手足マッサージは、普段どれぐらいされていますか? 正直、手足のマッサージを後回しにしちゃうこと多いですよね。 実は、足つぼで疲れをとる、手の血流をよくするなどといったような疲れをとる方法は、気軽にできることが多いので、挑戦してみてください。 日々使う手足を労わって、少し快適な生活をしてみませんか?